夢が夜空にとぶ神奈川の出会い

 

リス科哺乳類。長さ40 cm。穏やかで、夜行性。
冬期の用語は、晩冬から早春までの繁殖期によるものと考えられ、猫のように聞こえた。
昼間は木の空洞に潜み、夜は木の芽や果物を食べます。日本では、北海道以外の森林に分布しています。

神奈川の出会い
ムサビの顔が現れて巣箱のようです
(上村佳代)
小さな国の吊りkit神奈川の出会い
(高野純)
武蔵に夢がかなう
ムサシビの夜のお父さんが私の胸に神奈川の出会い
(佐藤きぼう)
武蔵野の巣
(右の城下町)
ケンジの詩むさびの子も夜空に飛びます

 

神奈川出会い
(藤田Re子)
ムサビ、夜雨、春
(大石Re子)
私はどのような筋力で寝ていますか?
(池田すみ子)
月の木の間の透明なcocoに武蔵野
(野沢節子)
夜霧の中の武蔵と手作りそば
(水子明子)神奈川の出会い

HM。
むさび、かわいい。

彼も近くの飯能山にいるようです。神奈川の出会い

``キバノ ''

サイレントラインの夜行バス


季節の言葉は「狩野」神奈川の出会い
3つの冬の季節
幼年期の言葉は:芝原原、裸の畑、芝野道路、芝野宿、芝野陣、芝野原

乾いた草のある静かな冬の畑。
太陽、雨、風の荒涼とした景色ですが、新進の季節を待っている姿でもあります。

悲しみのある詩Ka

コメント