神奈川で出会いがあり人間は新しい

すべての草原は空への冬の銀河です
自宅での沈黙または嵐の星神奈川で出会い

人間の世界の後の冬の銀河
(伊藤慶子)
新しい世界または冬の銀河
(細見綾子)
冬の銀河神奈川で出会い
(千田洋子)
嵐は吹かない
(冬生)
大まかな星が主な屋根裏部屋です
(中鉢陽子)
嵐の香りのセロリ
(五木なつき)
茶道で呼ばれる冬の星

 

神奈川出会い
(安倍Mid女)
冬の星より冷たい何かを言うには
(五木なつき)
日記の小説と冬の星
(渋谷奈々子)神奈川で出会い
かんてんの上席
(山口精工)
寒い人も一人です
(照井悟)

秋には「星空」という季節用語がありますが、冬には「冬の銀河」という季節用語があります。

神奈川で出会い
冬至の日(今年の12月22日)、夜の21:30頃から22:00頃まで南で観覧が見られます。

古代の人は、彗星の方向から見た冬至であることを知っていました。

体が感じる暑さや寒さ、クリスマスなどの出来事から季節を感じる人が多いと感じています。


[BGM]神奈川で出会い
PRIDE /今井美樹

「ケリ」

冬至の開花

*「おくく」は「ささめく」または「つくめく」と読める古い言葉です。 Sa作区はSa屋キノコの意味はつぶやきを意味します。

コメント