相模原のセフレはこの場所で亡くなりました

相模原のセフレ皇帝は首都に戻ろうとしていたにもかかわらずこの場所で亡くなり、シラミネゴロ(坂出市)に埋葬されました。


キモト氏の乱気流は、兄弟・忠孝と弟・白川の間の権力地位に賭ける戦いに、貴族の藤原、源氏、平家の戦士たちが参加した政治的な力のゲームでした。


キュモモリと同じ乳母の中に息子を預けるほど深かったからといって、清徳天皇は清森の支援を待っていました。

清相模原のセフレは後に白川皇帝に嘘をつきました。

相模原セフレ


この後、勝利した後、白川皇帝は清森で力を伸ばしますが、失われた天王寺御所は香川県によって一掃されました。

これは天皇の地位で考えることができない重い処分であり、天皇はこの場所で8年の失望を過ごし、一度でも町に戻ることができずに死んだ
私はします。


相模原のセフレの帝国皇帝に対する反抗的な感情は、後に「悪霊」という形で現れ、

白河皇帝と清森皇帝を悩ませます。

結局、白川天皇の周りの人々の死後、政府大臣になった清森が相次いで亡くなり、白川皇帝が後に感染したクーデターが起こった。
清徳天皇の邪悪な精神は清森にとどまり、清森は思慮深い行動をしていると思って、平家を破壊したと言った。

コメント